FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュースレター第13号を発行しました

ニュースレター第13号-1

ニュースレター第13号-2

pdfファイルはこちら 第13号

== 主な記事 ==

戦争と平和を見つめる絵本
わたしの「やめて」
当会代表による「こども語訳」で9月11日、緊急出版

 京都大学の学生と教員を中心にこの夏、結成された「自由と平和のための京大有志の会」の「声明書」が安保法案に反対や異議を唱える人々に大きな反響を呼んでいます。当会代表の山岡信幸がこの「声明書」を小さな子にもわかる「こども語訳」に書き直したところ、その言葉に感動した塚本やすしさんが三日三晩で絵を描きあげ、『戦争と平和を見つめる絵本 わたしの「やめて」』が朝日新聞出版から緊急発売されました。(この経緯は、9月15日の朝日新聞「天声人語」でも紹介されました。)
 声明書の「こども語訳」と原文を以下に掲載します。この機会に、親子で戦争と平和、命の重みについて考えてみませんか。


わたしの「やめて」

くにと くにの けんかを せんそうと いいます

せんそうは 「ぼくが ころされないように さきに ころすんだ」
という だれかの いいわけで はじまります
せんそうは ひとごろしの どうぐを うる おみせを もうけさせます
せんそうは はじまると だれにも とめられません

せんそうは はじめるのは かんたんだけど おわるのは むずかしい
せんそうは へいたいさんも おとしよりも こどもも くるしめます
せんそうは てや あしを ちぎり こころも ひきさきます

わたしの こころは わたしのもの
だれかに あやつられたくない
わたしの いのちは わたしのもの
だれかの どうぐに なりたくない

うみが ひろいのは ひとをころす きちを つくるためじゃない
そらが たかいのは ひとをころす ひこうきが とぶためじゃない

げんこつで ひとを きずつけて えらそうに いばっているよりも
こころを はたらかせて きずつけられた ひとを はげましたい

がっこうで まなぶのは ひとごろしの どうぐを つくるためじゃない
がっこうで まなぶのは おかねもうけの ためじゃない
がっこうで まなぶのは だれかの いいなりに なるためじゃない

じぶんや みんなの いのちを だいじにして
いつも すきなことを かんがえたり おはなししたり したい
でも せんそうは それを じゃまするんだ

だから
せんそうを はじめようとする ひとたちに
わたしは おおきなこえで 「やめて」 というんだ

じゆうと へいわの ための きょうだい ゆうしの かい
http://www.kyotounivfreedom.com/manifesto/forchildren/


自由と平和のための京大有志の会「声明書」

戦争は、防衛を名目に始まる。
戦争は、兵器産業に富をもたらす。
戦争は、すぐに制御が効かなくなる。

戦争は、始めるよりも終えるほうが難しい。
戦争は、兵士だけでなく、老人や子どもにも災いをもたらす。
戦争は、人々の四肢だけでなく、心の中にも深い傷を負わせる。

精神は、操作の対象物ではない。
生命は、誰かの持ち駒ではない。

海は、基地に押しつぶされてはならない。
空は、戦闘機の爆音に消されてはならない。

血を流すことを貢献と考える普通の国よりは、
知を生み出すことを誇る特殊な国に生きたい。

学問は、戦争の武器ではない。
学問は、商売の道具ではない。
学問は、権力の下僕ではない。

生きる場所と考える自由を守り、創るために、
私たちはまず、思い上がった権力に
くさびを打ちこまなくてはならない。
http://www.kyotounivfreedom.com/manifesto/


福島の震災当時18歳以下
甲状腺がん「確定」104人、「疑い」34人
1巡目30万人、 2巡目16万9千人の検査結果

 福島の県民健康調査の検討委員会が8月31日、福島市で開かれ、震災当時の18歳以下を対象とした甲状腺検査の結果(6月30日時点)が上記のとおり報告されました。
 また、昨年4月から2巡目の検査も始まりましたが、これまでに、1巡目の検査で「問題なし」とされた子どものうち23人が、2巡目の検査で甲状腺がんまたはその疑いと診断されたことが明らかになりました。これは原発事故後に急激にがんが増加したことを示すものですが、検討委員会の星北斗座長は「現時点では原発事故の影響とは考えにくい」としています。
 一方、岡山大学の津田敏秀教授らの研究チームは、福島県で見つかっている子どもの甲状腺がんの多くは被ばくで発症したものだとする論文を発表しました(国際環境疫学会電子版10月6日付)。津田教授は8日に会見を開き、「今後さらに甲状腺がんが多発することは避けがたい。政府や福島県はこれまでの誤りを認め、福島で生活を続けている人たちにこそ正しい情報や知識を流し、無用な被曝を避けるべきだ」と訴えました。
 福島県の小児甲状腺がんの検査者数に対する患者数の割合は、下表のとおり、発表のたびに高くなっています。

第13号甲状腺患者数
http://www.sting-wl.com/fukushima-children6.html


自主避難者への住宅支援打ち切り
政府と福島県が決定


 福島県は原発事故の自主避難者に国庫で家賃を負担する住宅支援を行ってきましたが、6月15日、政府との協議結果に基づき、2017年3月で支援を打ち切ることを決定しました。
 政府は事故直後の2011年4月、福島県内の年間被ばく線量の上限を1mSv(ミリシーベルト)から20mSvに引き上げました。このため年間20mSv以下の汚染地域から避難した人たちは、自主避難者と呼ばれ、11万人余りの避難者の約3割を占めています。住宅支援は自主避難者への唯一の支援であったため、その打ち切りは経済的に厳しい状況に置かれた母子避難者や被ばく症状がある避難者にとってきわめて深刻です。
 なお、安倍内閣は6月12日、福島県内の避難指示解除準備区域と居住制限区域の避難指示を遅くとも2017年3月までに解除することを閣議決定しています。


- 上映会報告 -
被ばくから子どもを守るため
 動き始めたお母さんたちのドキュメンタリー

「小さき声のカノン - 選択する人々

 10月3日、入間市市民活動センター「イルミン」で、「入間から発信! ずっと暮らし続けるために動く会」主催、入間市教育委員会、生活クラブ生協入間支部後援により、鎌仲ひとみ監督をお招きしての標記映画の上映会が開催されました。
 東京電力福島原発事故から4年半、今なお、融けた核燃料がどこにあるのかさえ分からず、汚染水は海に流れ続け、11万人以上の人々が故郷を追われたままです。この映画は、福島で、そしてチェルノブイリ原発事故を経験したベラルーシで、被ばくから子どもを守るため、迷いながらも自分たちの意志で動き始めたお母さんたちのドキュメンタリーです。
 ベラルーシでは、チェルノブイリの事故後、年間5mSv(ミリシーベルト)以上の汚染地域からは強制的に、年間1~5mSvの汚染地域からは本人の希望により、国の全額負担で住民を避難させる政策が行われてきました。にもかかわらず、事故から29年以上たった今も、子どもたちの健康に深刻な影響が現れているという話はとても衝撃的でした。このため現在は、年間5万人の子どもたちを対象に、数週間程度ずつ、非汚染地域に滞在させながら健康状態を改善するための治療を施す「保養」が国によって無償で行われているとのことです。
 一方、日本では、福島の事故後、一般人の年間被ばく線量の上限が世界標準の1mSvから20mSvに引き上げられ、現在は、避難している人たちを年間20mSvまでの汚染地域へ帰還させる政策が強力に推し進められています。映画に登場するさまざまな立場のお母さんたちを見て、このような被ばくによる健康被害を過小評価する国の理不尽な姿勢が、子どもたちには無用の被ばくを強い、被ばくを不安に思うお母さんたちには周囲の無理解から「汚染地域に住み続けるか、家族と別れてでも避難するか」といった苦しい選択を迫まる結果を招いているのだと改めて気付かされました。
 上映後は、鎌仲監督から、除染の効果は限定的であり汚染地域に住む子どもたちには保養が不可欠である、周囲の理解が得られにくい現状では保養を英語学習やスポーツ合宿などの名目で行う工夫も必要である、といったお話がありました。
 また、福島の母子を描いた絵を携えて全国を巡り、福島の母たちの思いを伝える活動をされている画家の小林憲明さんや、福島から埼玉に小学生のお子さん2人と避難して来られ、小林さんの絵のモデルにもなられている母さんのお話も聞くことができました。このお母さんのお話では、仕送りもない厳しい情況で福島県からの住宅支援打ち切りが決められてしまったため、命の危険を感じ、止むに止まれぬ思いで国や自治体への働きかけなどの活動を始められたということでした。
 被ばくのリスクを過小評価する言説に惑わされることなく、被害者の方々に寄り添っていくことの大切さを強く感じました。

第13号上映会写真
上映後の鎌仲ひとみ監督とのトークの様子
右端が鎌仲監督、左から2番目が画家の小林さん、中央は小林さんの作品


九州電力川内原発が再稼働
8月11日、2年間の「原発ゼロ」に終止符

 九州電力は8月11日、川内(せんだい)原発1号機(鹿児島県)を東日本大震災後の新規制基準のもとで初めて再稼働し、9月10日、営業運転へ移行させました。この再稼動により、関西電力大飯(おおい)原発4号機(福井県)が2013年9月に停止して以来、約2年間続いてきた「原発ゼロ」に終止符が打たれました。この間、節電や太陽光発電の普及により電力需要がピークとなる猛暑の時期も安定した電力供給が続いており、再稼動が電力不足を補うためのものでないことは明らかです。
 川内原発は日本有数の火山帯に位置するため「日本一危険な原発」とも言われていますが、新規制基準では火山噴火への対応は考慮されていません。また、この基準は、事故対応に必須とされる免震棟やフィルター付ベントの設置の先送りを認めている、避難計画は対象外であり策定が自治体まかせになっているなど多くの問題点が指摘されています。さらに、政府が「世界最高水準の基準」と強調する一方で、審査役の原子力規制委が「適合しても事故は起きる」と発言するなど、事故時の責任の所在が曖昧にされていることも問題です。
 九州電力では川内2号機も10月15日に再稼動されており、他電力では関西高浜3,4号機(福井県)、四国伊方3号機(愛媛県)で次期の再稼働を目指して準備が進められています。

小さき声のカノン~選択する人々~上映会のお知らせ

上映会のお知らせです。私達こどもを守る会いるまも、お手伝いに行きます。チケット申し込みお待ちしています。

10月3日(土)入間市民活動センター(イルミン)
鎌仲ひとみ監督作品
小さき声のカノン~選択する人々~福島-チェルノブイリ国境を越えて被ばくからこどもを守る母達のドキュメンタリー
スケジュール
開場9:30上映10:00~12:15 12:30~14:45
特別企画 鎌仲ひとみ監督来場!トーク
  15:00~16:00
監督に質問しよう!そしてはなそう!
16:15~17:15
チケット前売り1000円
当日 1200円
問合わせ 轟 涼 08054557216
主催入間から発信!ずっと暮らし続けるために動く会
後援入間市教育委員会 生活クラブ生協入間支部
協力団体 こどもを守る会いるま 埼玉県生態系保護協会入間支部 埼玉高等学校教職員組合入間支部

ニュースレター第12号を発行しました

ニュースレター第12号-1

ニュースレター第12号-2

pdfファイルはこちら 第12号

== 主な記事 ==

小学校の「お茶うがい」について

 入間市内の小学校では、インフルエンザ等の対策として「お茶うがい」を推奨しています。2014年度にも、市役所の学校教育課から各学校に配布された「お茶パウダー」が学校ごとに児童に配布され、「水に溶かしてうがいをしましょう」という指導がされました。
 お茶の配布時に出されたお知らせには、私たちの知る限り、詳しいデータを伴わないままに「検出されず」とするものが多く、放射性物質の問題に触れないものもありました。学校によっては、事前に保護者へ告知する事もせず、その場で児童にうがいをさせたところもあったそうです。
 2012年12月には、狭山茶パウダーによるうがいを実施することについて、基準値未満であってもセシウムが検出されているお茶によるうがいについて、各方面から批判の声があがりました。のちに、教育委員会は実施を取りやめています。しかし、これを復活させてきているわけです。
 これをうけて、私たちは先の2月下旬に市教育委員会の学校教育課に、問い合わせと申し入れを行ないました。おもな内容は、以下の4点です。

1)今回、お茶パウダーについてどのような検査を行なったのか。また、その測定方法は十分なものか。
2)私たちが配布されたものと同等と思われるお茶パウダーを市民測定所に持ち込んで検査を行なったところ、10Bq(ベクレル)/kgを超えるセシウム(134・137の合算)が検出された。この結果をどう見るか。
3)そもそも、お茶うがいが水うがいなどに比べてインフルエンザ対策としての効果が高いという根拠はあるのか。
4)うがいをさせるかどうか、お茶パウダーを利用するかどうかは、あくまで家庭で判断する事項であり、学校で半ば強制的に一律の実施をすべきではない。

 当日の回答(見せていただいた資料の内容)、および後日の電話での回答を総合すると、市教委の言い分は以下のようなものでした。

1)検査証明書によると、検査は「日本冷凍食品検査協会横浜試験センター」のゲルマニウム半導体検出器。検体は「千歳園」の荒茶。検査時間は600秒。検出限界はセシウム134・137それぞれ10Bq/kg。結果は不検出。
2)ノーコメント。
3)よく分からないが、一般的なカテキンの効能は知られている。
4)どのような扱いにするのかは、今後検討する。

 この回答では不十分と考え、とりあえず文書による回答を求めたところ、約束の期限から20日遅れで、4月5日に届きました。以下に転載します。


入学教発第2051号

平成27年3月31日

こどもを守る会いるま様
入間市教育委員会
教育長 村野 志郎*

学校におけるお茶うがいの実施について(回答)

 早春の候 皆様方におかれましては、ますますご活躍のこととお喜び申し上げます。また、日ごろより、教育行政につきましてはご尽力賜り厚く御礼申し上げます。
 平成27年2月25日にありましたご要望につきましては、下記のとおり回答させていただきます。ご理解いただきますようお願い申し上げます。また、回答が遅れましたことをお詫び申し上げます。


○今回配布したお茶について
・ パウダー茶のお茶(原料)は、千歳園の2番茶のみです。
・ 今回納品したパウダー茶は、市への納品分のみのため、市販していません。
・ 放射能の測定方法は、ゲルマニウム半導体検出器によるものです。
・ 検査の検体は1kgの荒茶(パウダーにする寸前のもの)です。
○測定方法について
・ 国の示している測定方法でありますが、今後検討します。
○お茶のうがいの有効性について
・ お茶(カテキン)については数多く研究されており、インフルエンザウイルスにつても(ママ)、効能が確認されている報告があります。浜松医科大学の研究によると、緑茶、機能水、食塩水、水道水の順に、予防に効果があった、と報告があります。
○家庭での判断について
・ 児童のうがい実施については学校での判断になりますが、最終的には保護者の判断により実施対応をしていきたいと考えます。

担当 学校教育課
学事保健担当(担当者名)


*注 村野教育長は3月末で退任

 私たちは、この回答に対して以下のように見ています。
・ 検査機器の詳細(メーカー、機種等)は不明なままなので何とも言えない面もあるが、セシウム134・137のそれぞれを検出限界10Bq/kgとするには、600秒は短すぎるのではないか、と考えます(これについては専門家のご意見も承りたい)。また、合計20Bq/kgという限界値自体をもっと下げるべきではないかと考えます。
・ 「国の示している測定方法」とあるが、入間市独自に、より安全性を重視する方向で方法を選択し、基準を設定することは何ら問題ないし、むしろ望ましいと考えます。
・ 回答中の「浜松医科大学の研究」を調べたところ、インフルエンザ予防ではなく、一般的な風邪罹患に関する研究のようです。
・ 「最終的には保護者の判断により実施対応をしていきたい」という文言については、一歩前進と捉えます。各学校での実施・対応について、より具体的な確認を求めます。家庭によって、「荒茶で10Bq/kg程度であれば、うがいで体内に残留する濃度はごく僅かであって気にする必要はない」という判断があっても構わないのですが、それはあくまで正確な情報が開示された上で、各家庭(保護者)に決定権があることが前提になるのではないでしょうか。学校行事として、有無をいわさず一律にこどもにお茶うがいをさせることには、今後も粘り強く反対し、中止させたいと考えます。
・ 入間市立の中学校では「茶道学習(盆点前)」が総合学習の授業として必修化されています。これも抹茶を直接体内に取り入れる点で、少なからず被曝リスクを伴う内容といえます。使用する抹茶の厳密な検査は当然のこと、茶を口にすることを避けたい生徒・保護者の権利を保障する手だてが求められると考えます。
http://kodomoiruma.blog.fc2.com/blog-entry-128.html


福島の震災当時18歳以下
甲状腺がん「確定」103人、「疑い」24人
1巡目29万9千人、 2巡目12万2千人の検査結果

 福島の県民健康調査の検討委員会が5月18日、福島市で開かれ、震災当時の18歳以下を対象とした甲状腺検査の結果(3月31日時点)が上記のとおり報告されました。
 また、昨年4月から2巡目の検査が始まりましたが、これまでに、1巡目の検査で「異常なし」とされた子ども5人および10人が、2巡目の検査でそれぞれ甲状腺がん「確定」および「疑い」と診断されたことが明らかになりました。これは原発事故後にがんが増加したことを示すものですが、検討委員会は「現時点では放射線の影響は考えにくい」としています。
 なお、福島県の小児甲状腺がんの検査者数に対する患者数の割合は、下表のとおり、発表のたびに高くなっています。

甲状腺検査2
http://www.sting-wl.com/fukushima-children5.html


- 「とこらぼ」学習会参加報告 -
公園の土は安全なの?
~ 事故から4年 ・ 測定の現場から ~

 5月16日午後、所沢地区労会館にて、東大 大学院総合文化研究科 小豆川 勝見 助教をお招きしての標記学習会が所沢・市民放射線測定室「とこらぼ」の主催で開催されました。
 小豆川先生は各地で汚染状況を測定しながら、市民測定所への助言や小中学校での授業を行うなどの活動を精力的にされており、当日も放射線測定の実験をまじえた、たいへん分かりやすいお話を伺うことができました。以下、その概要です。

放射線測定の難しさ
 例えば、福島県浪江町の試験栽培の米の放射性セシウムは、福島県の測定では「検出限界5Bq/kgで不検出」であるが、小豆川先生の測定では「2Bq/kg検出」である。これは科学的にはともに正しい。しかし、今や2Bq/kgは容易に測定できるレベルなのに、敢えて「不検出」とするのは望ましくない。

流通食品中の放射性物質
 食品には天然核種の放射性カリウムが数十Bq/kg程度入っている。しかし、カリウムの放射線は、エネルギーが大きく人体を突き抜けるため、身体へのダメージが小さい。一方、セシウムの放射線は、エネルギーがそれほど大きくなく人体に吸収されるため、ダメージが2倍ほど大きい。食材の汚染状況を知り、セシウムを取り込まないことが重要である。例えば、基準値超過やそれに近い食材は福島産よりも北関東産のものによく見つかる。これは北関東での検査体制が不十分であることによる。今後、数十年にわたって測定を続けなければならない。

放射性セシウムは土と一緒に移動する
 セシウムは土ぼこりに付着する性質があるため、雨どいの下や排水溝など、土ぼこりが集まる場所で放射線量が高くなる。公園の中では、ブランコの下など、わずかに削れている場所や吹き溜まりに放射性物質が集まりやすい。道路では、雨水が集まるように作られている歩道上の植栽に放射性物質が集まりやすい。しかし、どこにどれだけ集まるかは予測が難しいため、食品と同様、継続して測定しなければならない。

食品の基準値について(質疑応答から)
 重要なのは放射性セシウムと放射性ストロンチウムであるが、 100Bq/kgはストロンチウムを無視できるとしてセシウムのみで決めた基準値である。ストロンチウムは場所によって多いこともあるし、セシウムに対するストロンチウムの比率は年数を経るごとに増えることが最新の研究で分かった。ストロンチウムについても継続して測定を行い、必要に応じて見直さなければ、基準値としての意味がなくなってしまうので注意が必要である。


- イベント情報 -
鎌仲ひとみ監督最新作
「小さき声のカノン - 選択する人々
上映会&監督トーク

  はじめはみんな、泣き虫なフツーのお母さんだった。
  福島、そしてチェルノブイリ後のベラルーシ。
  お母さんたちは、“希望”を選択した。

鎌仲ひとみ監督からのメッセージ(抜粋)
 今回の『小さき声のカノン』をどうしても作らなくてはならない、と私を突き動かしたもの。それは「子どもたちを被ばくから守ることができる」ことを伝えたい、という抜き差しならない思いです。
 よじれた現実のただ中で子どもたちを心底守ろうとする母なるものの存在に私は未来をかけたい。原発事故後の世界を生きる母たちのしなやかさ、強さ、その揺らぎや弱さまで含めて、映画から感じていただきたいと願っています。

 場所 市民活動センター「イルミン」(変更の可能性あり)
 日時 10月3日(土)
  10:00~12:15 第1回上映
  12:30~14:30 第2回上映
  15:00~16:00 鎌仲ひとみ監督のトーク
  16:00~17:30 質疑応答・ディスカッション
 チケット 前売1000円/当日1200円
 主催 「入間から発信!ずっと暮らし続けるために動く会」
 お問合せ先 轟 涼 (080-5455-7216)

第4回いるま環境フェアに参加します。

今年も、第4回いるま環境フェアに参加します。今年で、3回目の参加になります。
6月14日(日)
入間市産業文化センター、入場無料。
午前10時~
こどもを守る会いるまは、二階展示会場で活動内容展示をしています。またママレボの閲覧コーナーや、こどもみらい測定所発刊の「はかる知るくらす」の配布や、こども用使い捨てマスクの無料配布を予定しています。
また、会場では、食品問題のプロフェッショナル垣田達哉氏の環境問題から考える食の安全のお話が聞けます。こちらは、13:00~です。
また模擬店各種、スタンプラリー、環境川柳、エコカフェ、彩の森入間公園自然観察会、ストラップ作りなどあります。
是非お立ち寄りください!































イオン「黄色いレシートキャンペーン」贈呈式

わたしたちはイオン入間店の「黄色いレシートキャンペーン」に参加させて頂いております。
毎月11日にイオンでお買い物をすると、黄色いレシートを受け取ります。
買い物客がこのレシートを参加団体ごとのポストに入れると、
レシート金額に応じた価格の商品がイオンさんから各団体に贈られるのです
(団体を指定しないポストもあって、これは按分されます)。

前年度に引き続き、2014年度も多くの方が「こどもを守る会 いるま」のポストに
たくさんのレシートを入れて下さいました。
お陰様で、
市民測定室での放射性物質測定に使うビニール手袋などの備品、
環境フェアで展示する掲示物をつくるための模造紙などの文具、
ニュースレターを印刷する用紙・・・などなどを頂きました。

イオンさん、買い物客の皆さんに厚く御礼申し上げます。
Photo1-1.jpg
新しい店長さんから受け取りました。

Photo2_20150427162828d0e.jpg
御礼のスピーチをさせて頂きました。

DSC_3679.jpg
私たちの他にもさまざまな団体が参加しています。
「被爆」→「被曝」ですね。

DSC_3632.jpg
全部でこんなにたくさん頂きました。


カテゴリ
プロフィール

こどもいるま

Author:こどもいるま
埼玉県入間市を中心に活動する
「こどもを守る会 いるま」です
放射能汚染からこどもを守る活動をしています
入会希望・お問い合わせの方は、
上のカテゴリ中の「会の案内」
をクリックして下さい

最新記事
最新コメント
Twitter

kodomo_iruma < > Reload

FC2掲示板
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。