FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市からの回答

3月23日に私たちが入間市に対して提出した要望書に対し、4月20日に回答が届きました。
赤字部分は私たちの要望事項、青字部分が市からの回答です。


放射線被爆からこどもたちの命と健康を守るための要望書(回答)
平成24年4月20日
入間市長 木下博
入間市教育長 村 野 志 朗

3月23日付 要望書について、次のとおり回答いたします。

1.入間市内の全ての幼稚園・保育所、小・中学校における給食の放射線検査を実施し、各食材の産地と合わせて、その結果を公表すること
《回答1》
公立保育所の給食食材の検査は、今後、小・中学校が実施する検査と同様の考えで対応してまいります。なお、民間保育園につきましては、検査及び公表についての協力依頼をしてまいりたいと考えます。《担当:児童福祉課》

幼稚園については、4.の回答でご理解願います。《担当:学校教育課》

小・中学校の給食食材については、埼玉県が、狭山市の給食センターに設置した放射 能測定器を利用して4月中に検査を開始する予定です。
なお、測定結果の公表等については、県の事業実施要綱に則して行ないます(ホームページによる公表)。また、給食食材の産地公表については、出来るだけ早期に行なうよう事務を進めます。《担当:学校給食課》



2.上記1の実施における、検査の実施・公表の方法を決定する際に、当会を含めた市民・保護者と協議し、その意見を反映させること
《回答2》
上記1の状況で事務を進めておりますのでご理解ください。



3.特に放射性物質の蓄積が指摘されているキノコ類等を給食の食材から除外すること
《回答3》
「キノコ類」はビタミンや植物繊維を含み、成長著しい児童・生徒の給食に欠かせな い食材と考えていますので除外する考えはありません。
しかしながら、今後実施する検査の結果によっては、使用について検討が必要となる 場合があると考えます。《担当:児童福祉課・学校給食課》



4.入間市内の全ての幼稚園・保育所、小・中学校において、保護者が給食と弁当を自 由に選択できること、給食を選択した場合でも牛乳の欠食が可能であること、園・ 所長、校長ないし行政責任者の名で、全ての保護者に文書で明示すること
《回答4》
公立保育所において保護者が給食と弁当を自由に選択できることにつきましては、実施した場合の問題点の把握検討や、また、保護者からの意見を聴くことも必要であり、慎重に対応すべきと考えます。牛乳の欠食については、保護者の希望により可能ですが、その場合、各家庭で牛乳に代わるものを摂取していただく必要があると思われます。なお、文書での明示につきましては今後検討してまいります。《担当:児童福祉課》

市立幼稚園においては原則弁当となっております。なお、保護者の希望により仕出し弁当の取りまとめは行なっていますが、牛乳欠食は可能です。このことは、現在入園説明会にて口頭で保護者に周知徹底しております。なお、文書での明示は今後検討してまいります。
また、私立幼稚園につきましては、設置認可、運営指導等の権限は埼玉県になりますので、各私立幼稚園の昼食等の実施に関しても、市から直接に指導や監督はできないものです。ご理解いただきたく思います。《担当:学校教育課》

小・中学校の給食は、学校教育の一環と考えているため、文書での明示については慎重に対応すべきと考えます。弁当の持参、牛乳欠食については、アレルギー対応を含め 個々の状況により学校長の判断になると考えております。《担当:学校給食課》



5.給食問題を含め、原発事故に由来する放射性物質の影響に関する市民の不安や関心 が生活のさまざまな分野にまたがっている点を鑑み、市における対応窓口を一本化 し、対応における責任の所在を明確化すること

《回答5》
当市の東京電力福島第一原子力発電所事故による放射性物質放出問題への対応につきましては、庁内に設置された「東日本大震災対策会議」の中に放射能対応班を設け、水質・食品などの安全確認や放射線量の測定作業を実施して参りました。 その中で、市民の皆様からの問合せに関しては、環境課を窓口として、また、問合せの内容いかんによっては、それぞれの担当部局へ振り分ける方法をとっております。なお、今までに寄せられた内容は、放射線量に関するものが多く、これには、環境課がお答えしている状況です。 しかしながら、放射能による影響は様々なものが考えられますので、内容ごとに真摯な対応を行うよう心掛けております。《担当:環境課》

以上

市役所へいってきました!

今日は小雨の中、会のメンバー6名+super kidsで入間市役所と学校給食センターに向かい、
学校給食についての要望書を提出してきました。

要望書の内容は下の通りです

     
                        2012年3月23日
入間市 〇〇 殿
                     こどもを守る会 いるま
                     (連絡先)代表 山岡信幸
                      入間市*****
                      電話)******
                    mail)********

    放射線被曝からこどもたちの命と健康を守るための要望書

                    記
 2011年3月11日のあの大地震から1年が経ちました。安全と言われ続けていた原子力発電所が被災し、いまだ国民の脅威となっています。
 現在、東電福島第1原発から放出されている放射性物質は事故直後に比べれば少なくなってきているかもしれません。しかし、これまで大量に放出され、環境のなかに留まっている放射性物質の中には、人間の寿命よりも長く害を与え続けるものもあります。わたしたちは、入間のこどもたちの未来の安全を求めて集まり、行動しているグループです。この事故によって、過去の原子力開発・政策に責任のないこどもたちの健康が不安にさらされることがないよう、社会全体が積極的に対策をとる責務があると考えています。

 いまも空間放射線量は事故前に比べて高く、入間市内でも一番村自治会館などで局所的に高い数値が測定されています(入間市ホームページより)。このような状況下でこどもたちの将来を考えると、長期間の累積的な影響が指摘されている食物由来の内部被曝を、まずは最小限に減らすべきです。理想的には、小売店・飲食店その他でこどもが口にする全ての食材が安全であることが求められますが、他の市区町村の状況に鑑みて、本市における第1ステップとして現状で以下の1〜5の対策は十分可能と考え、その実現への取り組みを貴殿に強く要望いたします。

1、入間市内の全ての幼稚園・保育所、小・中学校における給食の放射線検査を実施し、各食材の産地と合わせて、その結果を公表すること
2、上記1の実施における、検査の実施・公表の方法を決定する際に、当会を含めた市民・保護者と協議し、その意見を反映させること
3、特に放射性物質の蓄積が指摘されているキノコ類等を給食の食材から除外すること
4、入間市内の全ての幼稚園・保育所、小・中学校において、保護者が給食と弁当を自由に選択できること、給食を選択した場合でも牛乳の欠食が可能であることを、園・所長、校長ないし行政責任者の名で、全ての保護者に文書で明示すること
5、給食問題を含め、原発事故に由来する放射性物質の影響に関する市民の不安や関心が生活のさまざまな分野にまたがっている点を鑑み、市における対応窓口を一本化し、対応における責任の所在を明確化すること

 以上1〜5の各要望項目に対し、一週間以内に文書での回答を求めます。なお、放射性物質の性質や内部被曝についての資料を参考にしていただきたく添付いたします。

 将来、こどもたちが「入間市に住んでいて良かった」と思ってくれるように最大限の努力をする上で、議事機関・執行機関各位とわたしたちが協力しあえる関係を構築したいと考えております。なにとぞ、誠意ある回答を頂きたく重ねてお願いします。                                   以上



提出先(上の○○)は、市長(秘書室)、教育長のほか、環境課、みどりの課、児童福祉課、学校給食課(学校給食センター)の各課長です。小学校の卒業式に出席中とのことで、市長・教育長には会えませんでしたが、今後は面会して直接要望する機会も設けて頂きたいと思っています。各課では、課長さんと直接お話しし、要望書の内容に限らず、さまざまなお話をしてきました。その内容も含めて、今後ご報告していきたいと思います。
市役所各課の担当者のみなさま、繁忙期に大勢でおしかけ、お騒がせしました。にもかかわらず、真摯に対応して頂き感謝しております。私たちも真剣です。市民と行政の協力関係を築き、真の住民自治を実現し、こどもたちの未来を一緒に守っていきましょう。
カテゴリ
プロフィール

こどもいるま

Author:こどもいるま
埼玉県入間市を中心に活動する
「こどもを守る会 いるま」です
放射能汚染からこどもを守る活動をしています
入会希望・お問い合わせの方は、
上のカテゴリ中の「会の案内」
をクリックして下さい

最新記事
最新コメント
Twitter

kodomo_iruma < > Reload

FC2掲示板
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。