スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オンライン署名ができます!

➡オンライン署名のページ(リンク)
8月21日にオンライン署名は締め切りました。ありがとうございました。

➡in English

こちらの記事(➡リンク) でお伝えしたように
わたしたち「こどもを守る会 いるま」では、入間市議会に対して
「入間市の学校給食を放射能から守るための陳情書」
を提出します。そのため、陳情書に添える署名を集めています。

一筆でも多くの署名を市議会に届けたいと思っています。
市外・県外・外国の方や未成年の方でも結構です。ぜひ、皆さまのご協力をお願い致します!

埼玉県入間市は福島第一原発から約230kmの場所にありますが、確実に放射性物質が飛んできている場所です。
影響が大きく、未来のある子どもたちの給食食材については、大人達が協力して、安全を確認し、安心して食べられるようにしなければいけないと思っています。今、こども達の体を守らなければ、5年先、10年先、そして次の世代の子ども達にも影響しかねません。
今の時代を生きる大人の責任として、子どもたちの被ばくを最小限に抑えることを目指したいと思っています。何卒ご協力をお願い致します。

趣旨にご賛同頂ける方は、ぜひ下のページからオンライン署名をお願いします
➡オンライン署名のページ(リンク)
8月21日にオンライン署名は締め切りました。ありがとうございました。

または、上記の記事 の末尾から署名用紙のダウンロードも可能です(1枚につき5筆まで署名できます)。こちらはお手数ですが、用紙に表記された住所までご郵送下さい。

なお、このページをご友人やご家族の皆さまにもお知らせ頂けたら幸いです。
(署名の期限は8月20日といたいします。)

陳情書の内容は以下の通りです(オンライン署名のページにもあります)。


入間市の学校給食を放射能から守るための陳情書
入間市議会議長 近藤 常雄 様
[陳情趣旨]
 2011年3月11日の東日本大震災は、各地に甚大な被害をもたらしましたが、福島第一原子力発電所の放射性物質放出事故は、内閣の「収束宣言」にもかかわらず、いまも東北・関東・中部地方の一部が放射性降下物によって汚染され続けており(文部科学省・環境放射能水準調査結果、月間降下物H24年5月分、6月29日発表)、今後も放射能汚染の二次被害が懸念されています。
 物流の発達した今日、入間市での日常生活においても、毎日の食生活に使用される食材の安全性に不安を否めません。これまでも、放射性物質で汚染された牛肉などの食材が全国に流通したり、小・中学校および保育所における給食(以下、学校給食とする)用の食材からセシウムが検出されたりして問題になっております。とくに、こどもは大人に比べて放射性物質への感受性が高いとされており、学校給食の安全性への配慮は十全でなければならないと考えます。
 確かに、入間市においても、2012年4月より学校給食食材の一部について検査を行っています。学校給食の提供に携わる職員の方々におかれては、日々児童・生徒の食の安全を追求され、ご尽力されておられます。しかし、検査品目は食材のごく一部であり、その検査精度は検出下限値が約20〜40ベクレル/kgと低く、しかも検査は食後に行われているなど、現在の検査体制および情報開示は十分とは言いがたい状況です。日本の未来を担うこどもたちの健康を守るために、学校給食の安全性の確保に努められるよう切に要望します。
 入間市の市民及び、学校給食の安全・安心のために、裏面の項目について陳情いたします。なお、この陳情はこどもの健康に関わることですので、速やかに採択して頂きますようお願い申し上げます。
[陳情項目]
1. 入間市の学校給食で使用する食材のうち、信頼しうる団体の検査結果が得られているものを除き、市において現状の検査体制を改善し、現行よりも精密な検査(検出下限値10ベクレル/kg未満)を、事後だけでなく事前にも行なってください。
2. 摂取量の多い食材(主食である米麦、牛乳など)、放射性物質を吸収しやすい食材(キノコ類など)、生物濃縮による放射性物質の蓄積が懸念される食材(魚介類・海産物など)については、上記の検査ができない場合は、原子力災害対策本部が示した対象自治体(17都県)で生産されたものの使用を控えて下さい。
3. 食材の産地・生産者名・流通業者名、生産・流通段階での検査結果、市の検査結果等について、市のホームページや学校内のお知らせ等で、すみやかに公表してください。
4. 市、学校、保護者の協議に基づき、「安全・安心」の観点に立って、入間市独自の学校給食における放射線量安全基準を策定してください。
5. 放射性物質を心配する保護者が、弁当・水筒などの持参を求めることに十分配慮し、その場合の児童・生徒および保護者の精神的負担を軽減するため、市のホームページや学校からのお知らせ等によって弁当・水筒の持参が可能であることを周知してください。


いただいた氏名・住所などの個人情報は厳格に管理し、入間市議会への陳情署名としての提出(送信フォーム上でご了解頂いた方のみについては、こどもを守る会 いるまからのお知らせメールの送付)以外の目的には使用しません。

8月21日にオンライン署名は締め切りました。ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

陳述書の内容について

署名しましたが、

>その検査精度は検出下限値が約20〜40ベクレル/kgと低く

低い方がベターなので、この場合、「高く」または「緩く」と書き換えた方がいいと思います。

Re: 陳述書の内容について

たかい様

貴重なご意見ありがとうございます。
この部分は「その検査精度は(検出下限値が約20〜40ベクレル/kgと)低く、」
つまり、「低い」のは「検査精度」という意味です。
主述の関係の分かりにくい文章で申し訳ありませんでした。
修正については、会の内部で検討中ですが、すでに沢山のご署名を頂いていますので
場合によってはご意見を反映できないかもしれません。
ご容赦下さい。

Re: 困っています

Y.S様
こどもを守る会 いるま代表の山岡と申します。
ご指摘の件ですが、私も含め、各メンバーは、知り合いや一般市民の皆様おひとりおひとりに声をかけながら、誠実に活動してきました。自分たちのメンバーの中にご投稿内容の行動をとった者はいるとはとても信じられません。しかし、それが事実ならば重大な問題です。

現時点では、少なくとも当会の会員が行なったものとは客観的にも考えられません。
理由は、以下の通りです。
1)この署名活動に当たって「誤解を招くような行為は慎むこと」を会員間で徹底しています。署名集めのノルマ等があるわけでもなく、各人が可能な範囲で活動しています。
2)当会のメンバーの多くは職業を有し、あるいは他のボランティア活動等に参加しており、また、小さな子供を抱えて家庭生活も忙しく、週1回の会合にもなかなか集まれない状況です(そのためメーリングリスト等を利用して情報交換をしております)。したがって、「3人いっしょに署名を収集する」という活動自体、やろうとしてもできないのが現状です。そのような「若い女性3名」を推定すること自体が困難です。
3)現在、ご指摘を受けて緊急にメーリングリストで確認作業をしていますが、これまでのところ、ご指摘の内容に該当するケースは見つかっていません。

もちろん、1)2)では証明にはなりませんし、3)についても、ここまでの確認作業だけでは不十分ですから、その3人が外部の方である可能性も含めて、引き続き内部での検証を進めます。つきましては、Y.S様におかれましては「当該事象の詳しい日時と場所(できればマンション名)」「3人の服装や特徴」などをお教え頂けないでしょうか?可能ならば、マンション管理人様にもお話を伺いたいと思います。
その際、マンション名など公開に適さない情報を含む場合は「非公開コメント」の□にチェックを入れて下さい。もちろん、お教え頂いた内容は本件の確認以外の目的には使用しません。よろしくお願いいたします。

Re: 困っています

その後、1ヶ月近く待ちましたが、
投稿者からのご連絡はありませんでした。
当会の内部調査の結果、
最初の投稿にあったような事実は存在しなかった
と判断せざるを得ません。

投稿内容は当会の名誉を著しく傷つけるものです。
いったん、当該投稿を削除させて頂きます。

もちろん、Y.S様の投稿内容を裏付けるようなご連絡
(前回のコメントでお願いしたような内容)があれば、
投稿を復元し、誠実に対処いたします。(山岡)
カテゴリ
プロフィール

こどもいるま

Author:こどもいるま
埼玉県入間市を中心に活動する
「こどもを守る会 いるま」です
放射能汚染からこどもを守る活動をしています
入会希望・お問い合わせの方は、
上のカテゴリ中の「会の案内」
をクリックして下さい

最新記事
最新コメント
Twitter

kodomo_iruma < > Reload

FC2掲示板
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。