FC2ブログ

ニュースレター第4号(参院選特集)を発行しました




第1号から3号までをふくめ、下からPDFでごらんいただけます。
第1号 第2号 第3号 第4号

== 第4号の主な記事 ==

7月21日は参院選の投開票日
選挙に行こう!


 7月21日(日)は参院選の投開票日です。この選挙の結果いかんで、日本がこれからも原発を推進していくことになるのか、原発のない社会への新たな第一歩を踏み出すことになるのか決まると言っても過言ではないでしょう。


「経済」のためなら原発推進もやむなし!?

 福島第一原発事故から2年4ヶ月たった今も、15万人もの人々がいまだ故郷を追われたままの状況にあり、原子炉建屋では毎日約4000トンもの汚染水が増え続けています。原発事故は決して収束などしていません。世界有数の地震国日本でこのまま原発を使い続ければ、いつかまた福島原発以上の事故が必ず起こるでしょう。
 一方、昨年5月には日本の全原発が停止し、原発がなくても電力不足にならないことが明らかになりました。また、原発の電力は決して安くはないこともわかってきました。「核のゴミ」と呼ばれる原発の使用済核燃料は、何万年にもわたり厳重な安全管理が必要なのに、その処分方法は何も決まっていません。
 このような状況で原発を推進し続けることが本当に「経済」のためになるのでしょうか。私たちと私たちの子孫の命や健康を引き換えにしなければならない「経済」とは、いったい誰のためのものなのでしょうか。


棄権は既得権者の思うツボ!?

 6月23日に行われた東京都議選は、43.5%という史上2番目の低投票率でした。しかし、固い組織票を持つに政党とっては投票率が低いほど有利になります。今度の参院選でも、投票率が伸びなければ、都議選と同じような結果になるでしょう。
 まずは、私たちが選挙にきちんと関心を持ち、私たちが本当に望む未来のために、しっかり考えて投票することが、何より大切なのではないでしょうか。

 参議院議員の任期は6年ですが、3年ごとに議員定数242人のうち半数の121人を改選します。この121人のうち、73人が都道府県ごとに議席が割当てられる「選挙区」で、残りの48人が全国統一で行われる「比例代表」で選挙されます。比例代表では、政党名と個人名のどちらでも投票でき、その合計数に応じて政党ごとに当選者数が決まります。
 下の表に比例代表に名簿を提出した政党の脱原発度をまとめましたので、投票の際のご参考にされてください。




参院選に向けたユニークなチラシ

 つくば市の母親グループ「かーさんプラス」が参院選向けにユニークなチラシを作りました。「アベノミクスの巻」「TPPの巻」「憲法改正の巻」の3種類あり、とてもわかりやすいと評判です。以下のURLでご覧いただけます。
 →http://ka3plus.blog.fc2.com/
スポンサーサイト

所沢.市民放射線測定室『とこらぼ』さんのご案内

所沢市.市民放射線測定室『とこらぼ』さんのご紹介です。

『とこらぼ』の役割
「見えない、忘れたい、無かったことにしたい、でもそこにある厳しい現実」
所沢.市民放射線測定室『とこらぼ』は、子どもたちを内部被ばくから守るために、市民の手で設立された測定室です。今、食品や土壌などの放射線量を測り、具体的な数値を知ることがとても大事です。私たちは、子ども、妊婦、若者の健康と命をまもらなくては、なりません。事実を知ることによってこどもたちに手渡せる未来をいっしょに作りませんか?

お申し込み
ホームページのお問い合わせフォームに、お名前、連絡先、希望日時、測定するものを入力し、送信してください。
こちらから、確定メールをお送りします。

検体の準備
1リットル以上用意する。
食材は、洗って細かくみじん切り(液体、米は、そのまま測定できます。)
冷たいもの、温かいものは、予め常温にする。
土は、乾かして来る。
(落ち葉は、そのままで測定できます。)
※高線量の場合は、測定しないで、お引き取りしていただく場合があります。

使用する測定器
ベラルーシ製ATOMTEX AT1320A Nal(ヨウ化ナトリウム)シンチレーション放射線測定器

測定可能物質
ヨウ素131
セシウム134
セシウム137
カリウム40
食品、水、土壌などの中の放射線量を測定できます。検出下限値は、セシウム合計30分で、8bq/kg 60分で、5bq/kgが目安です。

測定結果
結果は、即日データをプリントしてお渡しします。
検体は、お持ち帰り頂きます。

測定料金
(会費3000円/年)1検体 500円
 一般      1検体1000円
維持会員募集しています。
会費
年一口3000円 (会費の年度は、1月~12月)
維持会員は1検体500円で測定できます。
※ご寄付は、いつでも大歓迎!

振り込み先
ゆうちょ銀行
振替口座 00120-2-466969
口座名 所沢. 市民放射線測定所

測定ボランティア募集!
特別な資格はいりません。必要なのは、子どもたちのいのちと未来を守りたいという気持ちだけです。週一回二時間から入れます。一緒に測定ボランティアをしませんか?

利用のご案内
開所時間、月曜日12:00~16:00 木曜日 14:00~19:00

住所
所沢市西新井町23-13 所沢市地区労会館2階 (ピンク色の建物です。)
交通案内
車の場合  国道463号西新井町交差点HondaCars 所沢中央店の裏。駐車場数台あり。
電車の場合 西武線、所沢駅下車西口より徒歩15分、 西武新宿線 航空公園駅下車東口より徒歩15分。

問い合わせ先
メールアドレス  tokolabo2013@gmail.com

電話番号    08062572306

ホームページ   http://children-foundation-t.jimdo.com/ 所沢.市民放射線測定室


毎月、第2月曜日、第4月曜日には、とこらぼで、とこらぼ市場開催しています。測定されたお野菜、味噌、豆、など、13時~13時30分まで。是非ご利用ください。


川根眞也さんベラルーシ訪問・報告会in所沢

ベラルーシ訪問・報告会
「チェルノブイリ事故から学ぶ ベラルーシの今…これからの日本」

についての情報をいただきました。

講師:川根眞也さん(内部被ばくを考える市民研究会 代表、中学校理科教諭)
日時:7月14日(日)14時
場所:所沢市生涯学習推進センター
 多目的室    
   〒 359-0042 所沢市並木6-4-1  TEL 04-2991-0303 

アクセス:西武新宿線『航空公園駅』東口より
      徒歩約17分(1.3km)
      西武バス「並木通り団地」行き、「新所沢駅東口」行き 
           (※東門すぐ近く「エステシティ所沢」行き、「所沢東口」行き)
          『秩父学園入口』下車 徒歩1~5分


参加費 :無料
保育有 :要予約 (下記問い合わせ先へ)

主催 :「子どもたちの未来と教育を考える会」
後援 :「所沢・市民放射線測定室(とこらぼ)」 「所沢・福祉と教育を問い直す会」
問い合わせ :「子どもたちの未来と教育を考える会」中山さん(04-2948-6055)

詳しくは↓
内部被ばくを考える市民研究会 ブログ

飯能の取り組みと入間

以下、「ぐるぐるマーケット」で飯能市を訪ねた時の
ぼよよんさんのレポートをもとに構成しました。(編集・文責:山岡)

飯能市の市民活動センターに置かれていた資料をみると、
飯能市の放射性物質対策は入間市に比べ進んでいるようです。
飯能で活動されている方からすれば「まだまだ不十分」という面もあるようで、
飯能が進んでいるというよりは、
むしろ入間が遅れているというべきかもしれません。

飯能市のホームページを見ました。
まず、飯能市環境部環境水課放射線対策担当が
毎月『放射線ニュース』を発行してます
(入間市はホームページだけ、飯能市は各施設にニュースペーパーがある)。

『放射線ニュース』には、
市施設の空間線量・学校空間線量・市内産の食品放射性物質の測定結果が公開されています。
しかも、
食品の検出限界値は、一般食品は、10bq/kg
飲料水、お茶は、5bq/kg。

入間市の検出限界値は、20bq/kg程度ですね。
また、入間市のホームページを見ると、
市民が市役所の食品測定機器を使用した最終更新日は「2013年2月9日」、
なんか、もったいないですよね。

ちなみに、飯能市では空間線量計の貸し出しが2日間単位だそうです。
入間市は1日単位なので、平日フルタイムでお仕事をしている人はなかなか借りられません。

飯能では、「小出裕章氏講演会」を成功させるなど、パワフルな市民活動がみられ、
それが行政を動かしている面もあるのでしょう。
しかし、その背景にある市民全体の意識や関心の高さがカギになると思います。

「じぶんたちの身の回りのことは、じぶんたちで守り、創り出し、育てよう」

「ぐるぐるマーケット」レポート!

きのうの日曜日(2013年6月30日)、
飯能まるひろ7階多目的ホールでおこなわれた
「ぐるぐるマーケット」のようすを、ぼよよんさんがレポートしてくれました。
(編集・文責:山岡)

たくさんのブースが出ていました。
有機栽培のお野菜、リユース品、ハンドメイドの移動ポケット、マスク、
酵母パン、酵素ジュース、九州の放射能の気にならないお茶、野菜たくさん冷製ポタージュ、
奥武蔵納豆、廃油石けん、生活クラブ消費財 などなど…

実行委員ブースでは、酵素ジュースなど販売してました。
実行委員ブースで出た収益は、福島の子どもたちを保養のために飯能に招く活動をしている
『福島こども保養プロジェクト@練馬』さんに寄付するそうです。

また、ぼよよんさーん!と声をかけられて振り向くと、
川根眞也先生講演会でお世話になった「子どもの未来を楽しくする会 飯能」のYさんが、
ブースにいらっしゃいました。
福島第一原発で働く方にゆずジュースを届けようというカンパと、
福島第一原発で働く方にメッセージを!という活動をされていました。
私は、「私達のために命がけに作業してくださりありがとうございます」と書きました。

そうそう、昨年一緒にやったぐるぐるマーケット楽しかったですね!
つぶつぶ料理の方もいらっしゃいましたよ!
つぶつぶスープを販売してました。おいしかったです。
つぶつぶ料理教室の案内いただいたので、次回ミーティング(2013年7月13日(土)10時〜扇町屋公民館)に持参します。
本日参考になる資料も他のブースでいただきました。
こちらは、後日ご紹介します。
カテゴリ
プロフィール

こどもいるま

Author:こどもいるま
埼玉県入間市を中心に活動する
「こどもを守る会 いるま」です
放射能汚染からこどもを守る活動をしています
入会希望・お問い合わせの方は、
上のカテゴリ中の「会の案内」
をクリックして下さい

最新記事
最新コメント
Twitter

kodomo_iruma < > Reload

FC2掲示板
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR