FC2ブログ

入間市長からの回答

1月の面会の際、入間市長・田中龍夫さんにいくつかの要望を提出しました。

その内容はこちら → 1/19『市長との面会(3)』http://kodomoiruma.blog.fc2.com/blog-entry-63.html

これに対する回答が、先週になって秘書課からようやく戻ってきました。
「内容がいくつかの部署にわたること」「市議会が開催されたこと」が回答の遅れた理由ということでした。
わたしたちとしては
「新しい市長が、放射能汚染の問題に正面から取り組み、前向きな方針を打ち出すために時間をかけている」
ことを期待したのですが…

以下に回答内容を転記します。

1 入間市独自の放射性物質基準値を策定して下さい。
 国において、放射性物質を含む食品からの被ばく線量の上限を、平成23年3月から「年間5ミリシーベルト以下」の暫定規制値が適用されてきました。
平成24年4月1日からは、より一層の食品の安全と安心を確保するために、長期的な観点から「年間1ミリシーベルト以下」に引き下げ、これをもとに放射性セシウムの基準値(ベクレル)が設定され、運用されております。
これにより、市として食品の安全性は確保されていると判断しておりますので、入間市独自の放射性物質基準値を策定する考えはございません。【環境課】

2 学校給食の検査について
 学校給食の放射性物質検査については、可能な範囲内で努力して行きたいと考えております。平成25年度は、提供した給食まるごと検査を各施設月1回程度、専門の測定業者へ委託しゲルマニウム半導体検知器による測定を行い、食材検査については、消費者庁が貸与した簡易測定器を使用し、毎週6品目について行う予定となっています。  なお、食品の性質上、放射能汚染が高いと思われる食材については、業者などから検査結果の情報を入手するよう努めています。【学校給食課】

3 給食・弁当の選択について
小・中学校の給食は、学校教育の一環と考えているため、文書等での周知については慎重に対応すべきものと考えております。弁当の持参、牛乳欠食については、アレルギー対応を含め個々の状況によりますので、学校長の判断によるものと考えております。【学校給食課】

4 市役所1Fの市民相談室にある放射性物質測定器について
 当市では平成24年11月より、食品中に含まれる放射性物質測定を、厚生労働省が定める「食品中の放射性セシウムスクリーニング法」に基づき、市民が持ち込んだ食品を対象に毎週火曜日と木曜日に簡易測定(結果を証明として利用できる測定ではない)として実施しているところです。
 この分析方法では、「測定下限値が厚生労働省の定める基準値の1/4以下であること。」と定められており、一般食品の他、飲料水等もこの方法に準じて測定を実施しているところです。
測定時間については、一般食品は20分、飲料水・牛乳・乳幼児食品は60分と設定しており、スクリーニング法に定められている1/4以下の数値を十分把握する事ができます。
 これまでに、測定を実施した全食材の結果が、不検出(放射性物質濃度が検出限界値に満たない)であり、測定下限値につきましても、スクリーニング法に基づく1/4を下回る結果となっております。この結果につきましては、市ホームページに公表し、併せて市民相談室の窓口で配布させていただいているところです。

 現在、使用している機器は、消費者庁から、食品等の安全・安心を図ることを目的として市に貸与され、その目的に沿って運用をしているところです。
なお、この機器は、消費者庁から食品を検査対象として貸与されており、土壌の測定はできません。【市民生活課】

5 こどもの被曝実態について
埼玉県は、事故後1年間に増える放射線量を0.23mSVと推定しており、これは全国の自然放射線量の地域差〔最大0.38mSv(ミリ・シーベルト)〕の範囲内であり、健康に影響を与えるレベルではないとの見解を示しております。また、入間市でも空間放射線量の測定では、放射線量の限度(自然放射線等を除く)の年間1ミリ・シーベルトを下回る数値となっております。
 こうしたことから、現段階ではこどもの尿検査等についての市による検査の実施、または検査希望者への助成制度について実施する予定はありませんので、御理解を賜りたくお願いいたします。
 なお、引き続き放射線量については注視してまいりますが、今後、基準値である年間1ミリ・シーベルトを超えるなどの憂慮すべき放射線量となった場合には、実施について検討したいと考えております。【親子支援課】

入間市教育委員会としては、学校など市内公共施設の空間放射線量の測定とそれに伴う除染の結果、測定値が年間1ミリシーベルト以下となっていることから、健康福祉センターと同様に、児童生徒の尿検査の実施、あるいは検査希望者への助成をする予定はありませんので、ご理解を賜りたくお願いいたします。【学校教育課】

6 緊急時への備えについて
 安定ヨウ素剤は、医療用医薬品であることから、原則として医師の指示がないと服用することができないこととなっており、また、災害時等に備えて自治体が医薬品を備蓄することは、薬事法上の課題もあります。
こうしたことから、夜間診療所で使用する医薬品を除き、ヨウ素剤備蓄に限らず医薬品の備蓄は考えておりません。【健康管理課】

 東日本大震災時における福島第一・福島第二原子力発電所の事故災害は、本市にも放射性物資の影響を及ぼすなど、あらためて広域巨大災害の対応の難しさを認識することとなりました。
 原発事故等の緊急時に備える措置については、現在、入間市地域防災計画を見直しておりますので、この中で原子力発電所の事故災害発生時における迅速な対応を図るための、必要な措置について策定を進めております。【防災防犯課】



ま、いままで通り、わたしたちはこどもの未来を守るためのたたかいを地道に続けるだけですが…
スポンサーサイト

2013.316 ミーティングのレポートです

3月16日(土)ミーティング報告です。
参加者は8人(大人6人・こども2人)。
扇町屋公民館洋室B10時~12時。

☆イオン黄色いレシートキャンペーン団体登録申請が通りました。

毎月11日は、イオンで買い物して、黄色いレシートを『こどもを守る会いるま』のブースポストに投函ご協力お願いします。
また、会員がブースポストを持って買い物客に声かけをすると、効果大です。よろしくお願いします
(次回ミーティングで参加メンバーを調整したいと思います)。

☆田中市長への質問状の返事が届きました。
こちらは、ブログに掲載します。

☆入間市内の幼稚園放射能汚染度調査結果について
18日以降に幼稚園側に結果報告をしたあとで、
会としての対応を検討していきましょう。

☆環境フェアについて
物販の詳細報告締切が4月10日です。
準備段取りの様子を見て、物販に参加するしないの判断は担当者(ぼよよんさん)にお任せします。
環境フェアについては、随時集まれるメンバーで準備を進めます。
都合のよいかたは、参加お願いします。


☆入間市内の中学校での「茶道」の必修化について

今後、市内すべての中学校で、「盆点前(ぼんてまえ)」(お茶のお点前)を必修化するそうです。
抹茶は食品扱いとして100bq/kgの基準が適用されるといいます。
会としてどう考えるか話し合いました。

☆学校給食納入業者に関する情報公開
学校給食センターに納入業者を電話で問い合わせても、正当な理由なく情報を開示しません。
来週以降、学校給食センターにアポをとって話を聞きにいく。
場合によっては、情報公開制度を利用して開示を請求していく(杉並区で前例あり)。

次回ミーティングは、
4月9日(火) 扇町屋公民館 10時~12時 です。


以上、ぼよよんさんのレポートをまとめて転載しました!
いつもありがとうございます!!
カテゴリ
プロフィール

こどもいるま

Author:こどもいるま
埼玉県入間市を中心に活動する
「こどもを守る会 いるま」です
放射能汚染からこどもを守る活動をしています
入会希望・お問い合わせの方は、
上のカテゴリ中の「会の案内」
をクリックして下さい

最新記事
最新コメント
Twitter

kodomo_iruma < > Reload

FC2掲示板
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR