スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

活動報告がイオン入間店に掲示されています!

イオン入間店で8月2日(土)~8月5日(火)まで、
こどもを守る会いるまの活動報告ポスターが二階エレベーター前に掲示されています。
何故か、展示物が移動されたりしてましたが、たくさんの方がご覧になっていました。
イオン入間店の黄色いレシートキャンペーンも11日にあります。
お時間がある方は、ぜひ足を運んでみてください。
Photo2_20140802192027962.jpg
Photo1_20140802192029953.jpg
photo by Boyoyon

スポンサーサイト

文部科学省が「給食にシイタケを使え」と強要しています

下の引用は、文科省が2013年12月6日に出した文書です。
埼玉県の検査でも、シイタケなどのキノコ類からは今でもセシウムが検出されています。
それが100bq/kgという国の基準未満であっても、放射性物質への感受性が高いとされる児童・生徒の口にあえて入れないように配慮するのは当然のことではないでしょうか。
他の毒物の例を考えてみて下さい。「〇〇毒が入っているけれど、健康被害が出ない程度の量だから食べなさい」という親はいないのではないでしょうか。それが、ジャガイモに含まれるソラニンのように天然由来のもので、かつ毒性がそれほど高くなければ許容する可能性はありますが(それですら普通は芽の部分を取ったりしますよね)、本来自然界には存在せず、しかも体内に蓄積されて長いあいだ悪さをするような物質です。その実害を避けようとすることが「風評被害」ですか?
学校給食を作っている現場での「こどもに少しでも安全な食物を」という取り組みを、官製の決まり文句で押し潰そうとするやり方には納得できません。

事務連絡
平成25年12月6日

各指定都市教育委員会学校給食主管課
各都道府県私立学校主管課
附属学校を置く各国立大学法人事務局
構造改革特別区域法第12条第1項の認定を受けた各地方公共団体の学校設置会社担当課
御中

文部科学省スポーツ・青少年局学校健康教育課

学校給食における国産しいたけの使用等について

 学校給食の適切な実施については、かねてから格別の御配慮をお願いしているところです。
 こうした中、特に学校給食における国産しいたけの使用に関して、依然として、一部の市区町村、学校において、使用を自粛する等の風評被害の拡大につながりかねない対応が見受けられる等の指摘がなされているところです。食品中の放射性物質への対応については、食品衛生法第11条第1項に基づく新たな基準値が策定され、平成24年4月1日から施行されており、基準値を超えるものが流通しないよう、出荷段階の検査により、食品の安全、安心の確保が図られています。
 上記の内容については、平成24年2月29日付け事務連絡により、給食に使用される食品が基準値に適合していれば安全性は十分に確保されていることについて、周知をお願いしたところであります。また、文部科学省では、これまで給食に関する検査の支援を実施しているところですが、基準値を超えるような放射性物質が検出された例は報告されていないところです。
 ついては、学校給食における国産しいたけの使用に関して、上記のことを踏まえ、風評被害につながりかねない自粛等の取扱いをしないなど適切に対応することについて、指定都市教育委員会、都道府県知事、附属学校を置く国立大学法人の長及び構造改革特別区域法第12条第1項の認定を受けた地方公共団体の長におかれては、それぞれ所轄の学校、学校法人及び学校設置会社等に周知をお願いします。

【本件連絡先】
文部科学省スポーツ・青少年局
学校健康教育課学校給食係
T E L:03(5253)4111(内線:2694)
E-Mail: gakkoken@mext.go.jp



100bq/kgを超える食品は出回っています

☆コメ検査で基準値上限=「十分に安全」と県-福島
URL http://www.jiji.com/jc/zc?k=201210/2012101801002

引用:
福島県は18日、2012年産米のモニタリング検査で、同県いわき市で生産されたコメから放射性セシウムの基準値の限度いっぱいの1キロ当たり100ベクレルが検出されたと発表した。基準値は超えておらず、県は「十分に安全」(水田畑作課)としている。

県によると、いわき市の旧川部村で16日に採取した玄米で、セシウム134が39.6ベクレル、セシウム137が63.2ベクレル検出された。合計すれば102.8ベクレルで基準値を上回るが、厚生労働省は「(合計値の)3桁目を四捨五入し、有効数字2桁とする」と7月5日付で通知しており、これに従うと100ベクレルちょうどになる。

県は安全性確保のため、一定数のサンプルを採取して行うモニタリング検査に加え、全ての県産米(約1200万袋)を対象に全袋検査を実施中。これまでに、いずれの検査でも基準値を超えるセシウムは見つかっていない。
(2012/10/18-22:17)
:引用終了



食の安全が「四捨五入によって切り捨て」られてはたまりません。
なぜ安全性を軽視する方向で数値を操作するのでしょうか?

特定秘密保護法案を知ろう!

特定秘密保護法案を知ろう!
「ママ友と放射能を測って懲役!?」ってホント?

今国会で審議中の「特定秘密保護法案」。テレビではあまり報道されていませんが、9月半ばに藤原紀香さんがブログで危険性を訴えて話題となり、その後、多くの著名人や各分野の有識者・団体などが反対の声を上げています。また、「女性自身」の10月29日号には表題のような見出しの記事が掲載されました。政府は今国会会期中の成立に向けて急ピッチで動いていますが、いったいどのような法案なのでしょうか。

11月14日、目黒区田道ふれあい館で「正しく知りたい市民有志」の呼びかけにより「秘密保護法、弁護士さん教えて<とにかく知ることから始めよう!私たちになにができるの?>」と題した勉強会が開かれたので、参加してまいりました。講師は「明日の自由を守る若手弁護士の会」の武井由紀子弁護士と宋惠燕(そんへよん)弁護士のお二人です。

この法案は、国および国民の安全の確保のため、

①大臣が(実際は、官僚が)、安全保障の情報のうち、特に重要なものを特定秘密に指定し、

②それを(国会などに)提供することを厳しく制約するとともに、取り扱う人を調査・管理、

③特定秘密を外部に漏えいした人や知ろうとした人を厳しく罰する(最高で懲役10年)

というものです。

講師のお二人によれば、この法案は以下の点で大きな問題があるとのことです。

①秘密に指定できる範囲が非常に曖昧であり、指定をチェックするしくみも解除するしくみもないため、際限なく秘密にされる可能性がある(国民の知る権利が奪われる)こと。

②国会が必要な情報を得られなくなり、国政のチェック機能が空洞化(三権分立が無実化)すること。また、秘密を扱う本人ばかりでなく、家族や知人まで歯止めなく監視されること。

③共謀(事前の相談)、未遂、過失、教唆(そそのかし)、扇動(あおる)も処罰対象のため、ジャーナリストや市民活動も処罰される可能性がある(表現の自由が奪われる)こと。また、何が秘密かも秘密であるため、理由が知らされないまま逮捕され、弁護人にも理由が知らされないまま裁判が行われる可能性がある(公開裁判が不可能になる)こと。

…等々です。

例えば、ホットスポットと呼ばれるような地域の放射線量が「風評被害を招く」などの理由で「特定秘密」に指定されたとすると、市民がその地域の放射線量を測定してブログに載せただけで逮捕されてしまう…なんていうことになるかも知れません。

それでは、このような法律を作ることにどのようなメリットがあるのでしょうか。まず、新しく法律を作らなければならないほど、情報漏えい事件は増えているのでしょうか。2000年から今までに起きた公務員による情報漏えい事件は5件、そのうち実刑となったのは1件のみです。また、この法案のきっかけとされている漁船衝突事件の映像は、そもそも秘密指定の対象ではなかったため、「流出」させた職員は逮捕もされていません。

次に、この法律によって、本当に国民の安全は確保されるのでしょうか。情報統制によって得られる安全と、情報公開によって得られる安全と、どちらがより安全なのでしょうか。例えば、東電福島原発事故。その時、SPEEDIの情報や政府発表やマスコミの報道はどうだったでしょうか。事故以来、私たちは自分や子どもたちをどうやって守ってきたか思い出してください。

実はこの法案、日本に集団的自衛権を使わせて一緒に戦争したいと考えているアメリカから要望されているものなのですが、それでは、日本がアメリカと一緒に戦争できるようになれば、私たちは今より安全になるのでしょうか。また、もし戦争になれば、安全保障の情報は、私たちの命を守るため、いちはやく地方自治体に知らされる必要があります。しかしこの法案では、そのような情報は、外国(アメリカ)には渡せますが、地方自治体には渡せないことになっています。政府は本当に国民の安全を考えているのでしょうか。

私たちがやるべきことは?

法案が閣議決定された時点で、成立は避けられないとあきらめてしまった人もいるかも知れません。しかしそれでは、「閣議決定すれば市民はあきらめる」と認定されてしまいます。そのような態度は、私たち自身が、私たちの代表である国会議員を軽んじていることにもなります。あきらめないことが大切です。

具体的な行動としては、

国会議員に対する訪問、電話、FAX、メールなどでの要請。今までそんなことをしたこともない多くの人からFAXやメールで要望が届くという状況は、議員にとって意外にインパクトが大きいそうです。まずは地元の議員、そしてできれるだけ多くの議員に要望を伝えましょう。

集会デモへの参加。

③周りの人に知らせること。今まで関心のなかった人も、身近な人から聞くと、気になり始めるもの。身の周りのできるだけ多くの人にこの法案のことを知ってもらいましょう。

以下は11月14日の学習会で配布された資料の一部です。ご参考にどうぞ。
国家安全保障に関する特別委員会 委員名簿(衆議院)修正版
http://project99.jp/?p=6468より)
FAX送信用紙

国家安全保障に関する特別委員会 委員名簿(参議院)
http://www5f.biglobe.ne.jp/yabure/himitsuhogoho/stop/sangiin-kokka-ampo.htmlより)

所沢.市民放射線測定室『とこらぼ』さんのご案内

所沢市.市民放射線測定室『とこらぼ』さんのご紹介です。

『とこらぼ』の役割
「見えない、忘れたい、無かったことにしたい、でもそこにある厳しい現実」
所沢.市民放射線測定室『とこらぼ』は、子どもたちを内部被ばくから守るために、市民の手で設立された測定室です。今、食品や土壌などの放射線量を測り、具体的な数値を知ることがとても大事です。私たちは、子ども、妊婦、若者の健康と命をまもらなくては、なりません。事実を知ることによってこどもたちに手渡せる未来をいっしょに作りませんか?

お申し込み
ホームページのお問い合わせフォームに、お名前、連絡先、希望日時、測定するものを入力し、送信してください。
こちらから、確定メールをお送りします。

検体の準備
1リットル以上用意する。
食材は、洗って細かくみじん切り(液体、米は、そのまま測定できます。)
冷たいもの、温かいものは、予め常温にする。
土は、乾かして来る。
(落ち葉は、そのままで測定できます。)
※高線量の場合は、測定しないで、お引き取りしていただく場合があります。

使用する測定器
ベラルーシ製ATOMTEX AT1320A Nal(ヨウ化ナトリウム)シンチレーション放射線測定器

測定可能物質
ヨウ素131
セシウム134
セシウム137
カリウム40
食品、水、土壌などの中の放射線量を測定できます。検出下限値は、セシウム合計30分で、8bq/kg 60分で、5bq/kgが目安です。

測定結果
結果は、即日データをプリントしてお渡しします。
検体は、お持ち帰り頂きます。

測定料金
(会費3000円/年)1検体 500円
 一般      1検体1000円
維持会員募集しています。
会費
年一口3000円 (会費の年度は、1月~12月)
維持会員は1検体500円で測定できます。
※ご寄付は、いつでも大歓迎!

振り込み先
ゆうちょ銀行
振替口座 00120-2-466969
口座名 所沢. 市民放射線測定所

測定ボランティア募集!
特別な資格はいりません。必要なのは、子どもたちのいのちと未来を守りたいという気持ちだけです。週一回二時間から入れます。一緒に測定ボランティアをしませんか?

利用のご案内
開所時間、月曜日12:00~16:00 木曜日 14:00~19:00

住所
所沢市西新井町23-13 所沢市地区労会館2階 (ピンク色の建物です。)
交通案内
車の場合  国道463号西新井町交差点HondaCars 所沢中央店の裏。駐車場数台あり。
電車の場合 西武線、所沢駅下車西口より徒歩15分、 西武新宿線 航空公園駅下車東口より徒歩15分。

問い合わせ先
メールアドレス  tokolabo2013@gmail.com

電話番号    08062572306

ホームページ   http://children-foundation-t.jimdo.com/ 所沢.市民放射線測定室


毎月、第2月曜日、第4月曜日には、とこらぼで、とこらぼ市場開催しています。測定されたお野菜、味噌、豆、など、13時~13時30分まで。是非ご利用ください。


カテゴリ
プロフィール

こどもいるま

Author:こどもいるま
埼玉県入間市を中心に活動する
「こどもを守る会 いるま」です
放射能汚染からこどもを守る活動をしています
入会希望・お問い合わせの方は、
上のカテゴリ中の「会の案内」
をクリックして下さい

最新記事
最新コメント
Twitter

kodomo_iruma < > Reload

FC2掲示板
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。